LINEで送る

葬儀の種類で変わる費用と考え方

数珠と香典

葬儀の種類には大きく「一般葬」と「家族葬」の二つに分けられます。中でも家族葬の形態はほとんどが参列者は身内と近しい間柄の方に限られ、人数も10名以下となるものを言います。家族葬は故人や遺族の趣向に沿った葬儀内容を叶えることができる上、参列者を少なく抑えることで費用も抑えることができるため、最近では希望する家族が多くなっている形態でもあります。しかしこの費用の面では注意するべき点があり、家族葬においてはお返し等も準備しない代わりに、香典を一切受け取らないということが一般的です。ですから、葬儀の内容によって費用が予想以上にかさんだ場合にも全て遺族で賄わなければならないこととなり、以外に出費が多かったという結果にもなりかねません。また、参列者がごく少人数に限られるため、親族への了解を事前に取っておくことも必要なことです。故人と遺族のみで決定した家族葬においては、葬儀種類によって参列できなかったというトラブルも多くあるもの。後々においてしこりを残すことのないよう、できれば故人を含めた親族同士ででも話し合いがなされておくことがベストでしょう。このように、葬儀の種類の考え方としては、どこに重きをおくかということと事前の話し合いが肝心。気持ちよく故人を送り出せる式になるようにしたいものです。

 

↑PAGE TOP