LINEで送る

宗教による葬儀の相違

数珠と香典

葬儀は亡くなった方の宗教に合わせて行うので、種類ごとのマナーも異なります。仏教・神道・キリスト教などのほか、同じ主教の中でも宗派が異なる場合があり、参列のマナーがそれぞれ決まっています。仏教では昇降するところ、神道では榊を奉納したり、キリスト教では献花を行ったりしています。また、仏教では香典が「御霊前」であるのに対し「御玉串料」、キリスト教では「お花料」となる違いもあります。もちろん、葬儀を行う場所や全体の流れも種類によって全く異なりますので、参列する場合は宗教の種類に合わせたマナーをある程度把握したほうが安心でしょう。仏教では通夜から葬儀・告別式という流れで行われます。神道では、通夜祭・遷霊祭の翌日に葬場祭・火葬祭・埋葬祭をいう流れになります。キリスト教はカトリックとプロテスタントがあり、聖職者の呼び名も神父と牧師などの相違があります。讃美歌や聖歌、祈祷などが行われ、仏教のような飲食の提供はあまりないと言えるでしょう。あるとしても茶話会のようにお茶とお菓子の提供があり故人を偲ぶ席を設ける程度です。最近では従来型の葬儀の他、家族葬なども増えているので、それぞれにマナーがあると理解したほうが無難です。

 

↑PAGE TOP